世界中の友達と交流したい!

このサイトは、Intermediate(中級)レベルの英語学習ブログです。

 

その他の書籍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「驚異のグロービッシュ英語術」評価・感想

「レバレッジ英語勉強法」で紹介していたので購入しました。
まずグロービッシュとは何か?その考え方を知る必要があります。
話すことにフォーカスされているので私も興味を持ちました。
グロービッシュについては今後ご紹介します。

~内容~
この本はグロービッシュで話す8つのコツを紹介。
そしてそのコツを使った瞬間英作文の練習をする。

■驚異のグロービッシュ英語術

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 低評価

アウトプットを基準にインプットする

■アウトプットを基準にインプットする

例えば「invest(投資する)」という単語がありますが、
この単語を留学の日常会話で使うかといったら、
使わない可能性が高いので、この単語はインプットしません。

インプットした後は、
アウトプットさえすれば身に付く!」というように考えます。
「I'd like to」というフレーズを覚えたら、意地でもラングリッチで使います。

今日で「レバレッジ英語勉強法」の紹介は終わりになります。
この書籍には他にも、僕を変えてくれた考え方や学習方法が載っています。
話せないとずっと苦しんできた人には、救いになると思います。

僕もまだ実践段階ですが、ラングリッチレッスンに対する姿勢が変わりました。
実践する期間は、12月~2月の3カ月に定めました。
ワーホリという目標と共に、僕の英語学習は続きます…。



スピーキング7:3リスニング

■即効性Vs遅効性

効率よく学習するために、2つの学習方法に分けます。
1つは「即効性」。
単語やフレーズをインプットしたら、
すぐにアウトプットして成功体験を増やします。
スピーキングで言うと、瞬間英作文が即効性の学習法です。

もう1つの「遅効性」の学習が、リスニングや音読パッケージ。
すぐに成功体験は得られませんが、英語の基礎を構築します。
僕も含め多くの日本人が、この種の学習をし過ぎてしまうようです。
なかなか成功体験が得られず、挫折してしまいます。

今は「スピーキング7:3リスニング」
の割合がベストかなと感じています。
最近は主に、瞬間英作文をガンガンやってます。



思い切ってやらない英語学習を決める

■やらないことを決める

1.TOEIC
TOEICはビジネス英語。
日常会話に使わない単語だらけ&スピーキングが鍛えられないので、
「絶対にやらない!」と決めました。
TOEIC関係の書籍はすべて片付けました。
この決断が一番スッキリしました。

2.教材のないリスニング
前にCNNニュースの紹介をしましたが…ごめんなさい。
ただ聞き流すだけでは、やはり上達はしないです。
あるサイトで「アラビア語を1日中聞き流せばわかるようになるのか」という
質問を見て、ありえないと感じました。

3.ニュース、ドラマ、音楽
これらのエンターテイメントも教材のないリスニングです。
ただ聞き流すだけでは、やはり上達はしないです。
また、ネイティブが使う特殊な英語の言い回しも必要ないですし、
ニュース英語も使うかと言えば、今は使いません。



学習範囲を極端に狭める

■興味分野など範囲を極端に狭める

要は、使う単語やフレーズを限定することで、
3カ月でも話せるようになるということです。

僕の場合は、ワーホリでの日常会話が目標なので、
日常会話に使う単語やフレーズだけを覚えていきます。

範囲を極端にせばめることを考えると、
英語を勉強する目的がとても重要になってきます。

3カ月間は絶対にやらない学習法も決めました。
1.TOEIC
2.教材のないリスニング
3.ニュース、ドラマ、音楽

なぜこの3つをやらないと決めたのか、また明日ご紹介します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。