世界中の友達と交流したい!

このサイトは、Intermediate(中級)レベルの英語学習ブログです。

 

2013年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスニング力をアップする手掛かり


Listen / Fey Ilyas


どうやってリスニング力を鍛えたら良いか…
語学学校の先生に聞いたところ「子供用の番組を見ると良い」
「同じ主人公のドラマを見ると良い」という回答が返ってきた。

僕のクラスでリスニングが良くできる台湾の女の子は、
「『ゴシップガール』を何度も見ただけで、特に英語の勉強はしてない」
と教えてくれた。

日本でリスニングも一生懸命勉強してきたのに、ただドラマを楽しんでるだけの子に負けた…。
悔しいですが、これが現実。
僕も聞けるようになってきたと感じたのは、ネイティブの田舎町に飛び込んでからです。

これらの経験から分かることは、ネイティブの生の発音を“多聴”することだと思います。
テキストの易しい英語だけでは、限界があるのかも知れません。

海外ドラマなどの視聴は日本に居てもできますよね?
リスニング教材もたくさん販売されています(苦笑)。
英会話で一番大事なリスニングは、日本に居ても伸ばすことができる
これは嬉しいお知らせですね。

スポンサーサイト

tag : リスニング 多聴 海外ドラマ

日常英会話で一番大事なスキルは?

英語と一口に言っても、様々なスキルが求められると思います。
大まかに分けるとスピーキング(話す)、リーディング(読む)、リスニング(聞く)、ライティング(書く)の4つです。

日常英会話で考えたとき、どのスキルが一番大事でしょうか?
僕が留学をして、感じたお話をしたいと思います。

続きを読む

tag : リスニング スキル 一番 大事 必要 重要

これが最良の英単語の覚え方では?と感じた瞬間


Magnetic Fridge Poetry / Steve A Johnson


この前ホステルに泊まったとき、こんな文章を目にした。

「No noise! This hostel is located in a residential area.」

僕は residential の意味が分からなかったので調べた。

residential - 住宅の

理解できたと同時に楽しかった。
これが最良の英単語の覚え方では?と感じた瞬間。
必要だから覚えるという理にも適っている。

続きを読む

tag : 英単語 音読

もう一度思い出して、あなたが英語学習する理由

あなたが英語を学習する理由は何ですか?

「旅行先で現地の人とコーヒーを飲みながら笑っている」
このようなシチュエーションを想像したのではないでしょうか(笑)

僕の大まかな理由も人並み。
「留学してみたい」「海外の人と交流できたら楽しいだろうな」

しかし、多くの学習者が行っているのはTOEIC、試験、単語帳、文法書など。

その目的とはかけ離れています
今まで学校で学んできた方法なので仕方ないのですが…。

続きを読む

tag : 留学 目的

僕の英語力の成長が止まった理由

海外へ行ったら何か変わる…
特に目的もなくオーストラリアへ留学した僕。

2、3ヶ月後…
日常生活で困ることもなくなり、僕の英語力の成長は止まった
“必要”ではなくなったからだろう。

大体は簡単な英語で表現できるし、
店で注文するとき、モノを買うときも同じフレーズ。

そして日本に帰れば、すべて忘れるだろう
必要ではなくなるから。

だからこそ「何のために英語を学習するのか」。

最低限の英語なら、環境を海外に移せば、誰でも出来るようになる。
だから、なかなか英会話が上達しない人も安心してほしい。

やはり大切!英語を通じて何がしたいのか

そこで、やはり大切なのが「英語を通じて何がしたいのか」。
そのために英語が必要になる。必要だから覚えるということです。

良い方法としては、共通の趣味でつながることです。

例えばサーファー。
世界中のサーファーが、バイロンベイなどで交流していました。
共通の趣味で交流し合い、夜は同じ宿でお酒を飲んで…彼らの上達は速いでしょう。

他にも…
・学科や仕事が同じならば意見を交わす
・互いの国の料理を教え合う
・好きなアクティビティ活動でつながる
・好きなゲーム、ドラマ、音楽で遊ぶ
・漫画好きで集まる

実際話すことがないと、話さないため上達が遅くなります。
学校のテキストは、無理やり映画や音楽などの話題を作り、会話させるという作りです。

大切なのは、英語を通じて何がしたいのか?
どうかレッスンや試験に集中しないで欲しい

tag : 目標 趣味

英語が話せるようになった自分なりの考え

今まで英会話や、たくさんの教材を買って勉強したものの、あまり力は伸びず。
どうしたら英語が話せるようになるのか…ずっと疑問でした。
でも、留学した今はわかるような気がします。

それは…
話したいと思い、声に出し、初めて自分のものになる」ということ。


今まで行ったことがあるのか尋ねたい。

Have you ever been there?

その文が初めて自分のものになる


テキストや教材に出てきた表現を、ただ覚えてもすぐに忘れます。
英会話であっても、やっているだけでは力になりません。
それは、本当に必要ではないから
必要ないことは覚えないのですね。人間の頭は…笑

留学した人は2、3ヶ月でそれなりの会話力は誰でもつきます。
夏休み中に短期留学した大学生も、最後は楽しんで帰国していきます。

留学すれば英語での会話が必要だから話す、そして覚える
聞き取らなければならない、全力で耳を傾ける、だからリスニング力も上がる。
この単純な流れだと思います。

tag : 英会話 留学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。