世界中の友達と交流したい!

このサイトは、Intermediate(中級)レベルの英語学習ブログです。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬間英作文で「2つの良いこと」


Thought-Provoking Reads for Junior High Students



最近ツイッターでつぶやいている瞬間英作文についてです。
瞬間英作文で学習していて、気付いたことをまとめました。


■中学文法の復習になる

中学の授業で習った文法の順番で学習できる。
日常会話やシチュエーション別で学ぶと、表現の種類が多く混乱しやすい。
瞬間英作文ならやさしい文法から学ぶため混乱しない。

瞬間英作文は「中学1年レベル」「中学2年レベル」「中学3年レベル」の
3パートに分かれています。
初めは中学1年レベルの「this/that」からです。

頭では理解できていても、話すとなると
「こんなにもできないのか!」と思い知らされる。



■ツイッターでアウトプット

全部で3パートありますが、1パートずつ仕上げていきます。

学習した文法を使った一文を、ツイッターでアウトプットすると
さらに理解が深まります。
アウトプット用にアカウントを作成すると良いです。

中学1年レベルを学習しているときは、
「そのレベルの文法しか使わない」と決めると良いです。

限定することで、中学1年レベルだけでも
「こんなにも表現できるのか」と感動します。

ここで下手に中学2年レベルの過去形などを入れると混乱します。
中学2年レベルは、中学1年レベルの上に積み上げるものだからです。



関連記事

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。