世界中の友達と交流したい!

このサイトは、Intermediate(中級)レベルの英語学習ブログです。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【一億人の英文法】挫折せずに最後まで読めきれる(2)

→ 挫折せずに最後まで読めきれる(1)の続き

「一億人の英文法」は挫折することなく最後まで読みきれました。
どうして最後まで読みきれたのでしょうか?

■読んでいて楽しい

文法書を読んでいて、楽しいと思うことがあるでしょうか?
一般の文法書は、退屈で挫折するイメージがありますが、
「一億人の英文法」は楽しいので苦なく読みきれる。

そういうことなんだ!という発見が次々と起こり楽しい。
まさに冒頭のイラストにもあるような宝探しの感覚です。

一億人の英文法2

イメージしやすいようにたくさんのイラストが使われています。
中にはクスッと笑えるものも。
これは私が一番面白かったイラストです。

写真 13-02-03 0 49 39

■話すことにフォーカスしてる

ネイティブはこんな気持ちで使っているんだ!という発見があります。
気持ちにフォーカスしているから、納得できるし理解しやすい。

特に助動詞。心理が直接反映する要素。
must, may, can, will, should....それぞれ全く異なる心理が働いています。
この心理を理解すれば、たくさんある助動詞の違いがわかります。

現在形、過去形などの「時表現」では感覚がカギを握ります。
言葉では説明できないネイティブの感覚を知ることができます。



■スキップできる

応用表現には「ADVANCEDマーク」がついており、
難しいと感じれば読み飛ばすことができます。

写真 13-02-03 1 42 57

また、難しいコラムを読み飛ばすこともできます。
まずは1度最後まで、さらっと読み切ることが目標です。

邪道かもしれませんが私は1周目のとき、
関係代名詞、動名詞、過去分詞をスキップしました。

「一億人の英文法」も分厚く情報量が多いです。
文法書を最初からすべて読もうとすると挫折します。

他の英語教材もそうですが1回で覚えこもうとせず、
軽めに何度も漆塗りのように繰り返し、長期記憶として刷り込んでいく
という方法が一番効果的です。(瞬間英作文トレーニングより)



英文法はこれ1冊で十分だと感じています。
英文法はあくまでも土台。ここで時間などかけずに次へ。
話すためにはリスニング、スピーキングとやることはたくさんあります。
一歩目から悩んでいる暇はありませんよ!



「一億人の英文法」なら…
・楽しい
・話すことにフォーカスしてる
・スキップできる
ので挫折せずに最後まで読みきれます。
話すために英文法を学習するなら間違いなくこの書籍です。

関連記事

tag : オススメ教材

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。