世界中の友達と交流したい!

このサイトは、Intermediate(中級)レベルの英語学習ブログです。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AEON(12)】 依頼表現の使い分け


How could you say no? / kennymatic


スクール通いの英会話には、主に2種類のレッスンがあります。
グループレッスンは、日程やレッスン内容が決まっています。
ワンツーマンレッスンは、日程やレッスン内容を自由に選ぶことができます。

僕は当初、半分をワンツーマンレッスン、もう半分をグループレッスンの予定でしたが、
すべてワンツーマンレッスンに変えました。
理由は仕事がシフト制なので、グループレッスンの日程に合わせることができないからです。

ただ、ワンツーマンレッスンであっても、
先生の都合や予定が埋まっているとレッスンが取れません。
よって、仕事がシフト制の人にはオンライン英会話をオススメします。

レッスン変更のついでに、受付の人と1時間くらい話し込んでしまいました(笑)
受付の人も留学経験があり、留学やその後就職のこと、留学後の気持ちの変化など
「わかるわかる」と共感できる点がたくさんありました。

英語についての夢や情熱、共通点を語り合るのは、
スクール通いの良い点ではないでしょうか。



■今日の学習内容

依頼表現の使い分け

・形式的な依頼構文(上司、ビジネス、)
Could you~?
Could you lend me some money?


・カジュアルな依頼構文(友達や家族、店員)
Can you~?
Can you close the window?

「,please」をつけるとより丁寧な言葉に
「Would you」はさらに丁寧語

関連記事

tag : イーオン 英会話

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。