世界中の友達と交流したい!

このサイトは、Intermediate(中級)レベルの英語学習ブログです。

 

雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり大切!英語を通じて何がしたいのか

そこで、やはり大切なのが「英語を通じて何がしたいのか」。
そのために英語が必要になる。必要だから覚えるということです。

良い方法としては、共通の趣味でつながることです。

例えばサーファー。
世界中のサーファーが、バイロンベイなどで交流していました。
共通の趣味で交流し合い、夜は同じ宿でお酒を飲んで…彼らの上達は速いでしょう。

他にも…
・学科や仕事が同じならば意見を交わす
・互いの国の料理を教え合う
・好きなアクティビティ活動でつながる
・好きなゲーム、ドラマ、音楽で遊ぶ
・漫画好きで集まる

実際話すことがないと、話さないため上達が遅くなります。
学校のテキストは、無理やり映画や音楽などの話題を作り、会話させるという作りです。

大切なのは、英語を通じて何がしたいのか?
どうかレッスンや試験に集中しないで欲しい

tag : 目標 趣味

英語が話せるようになった自分なりの考え

今まで英会話や、たくさんの教材を買って勉強したものの、あまり力は伸びず。
どうしたら英語が話せるようになるのか…ずっと疑問でした。
でも、留学した今はわかるような気がします。

それは…
話したいと思い、声に出し、初めて自分のものになる」ということ。


今まで行ったことがあるのか尋ねたい。

Have you ever been there?

その文が初めて自分のものになる


テキストや教材に出てきた表現を、ただ覚えてもすぐに忘れます。
英会話であっても、やっているだけでは力になりません。
それは、本当に必要ではないから
必要ないことは覚えないのですね。人間の頭は…笑

留学した人は2、3ヶ月でそれなりの会話力は誰でもつきます。
夏休み中に短期留学した大学生も、最後は楽しんで帰国していきます。

留学すれば英語での会話が必要だから話す、そして覚える
聞き取らなければならない、全力で耳を傾ける、だからリスニング力も上がる。
この単純な流れだと思います。

tag : 英会話 留学

文法イラネ…実際の英会話で役に立つのか?

文法書は実際の会話では機能しない!

試しにオンライン英会話の無料体験でも利用して、覚えた文法が機能するか確かめてほしい…。
頭が真っ白ではないか!?
実際の会話を中心に考えること。文法を考えている余裕はない。

文法書はひとつもいらない!これは喜ばしいこと。
事実、文法が間違っている南米の人達は、ペラペラと会話を楽しんでいる。
むしろ日本人の文法は十分だと思う。

もちろん正しい文法は必要だが、英語学習をしているうちに、最低限は自然と身に付く
よって特別、文法書はいらないし、フォーカスする必要もない。
簡単な英作、とっさの一言が大事。
簡単な英作もできないのに、どうして難しい文法が必要か…。

僕は留学前、文法学習に多くのお金をつぎ込んできたが、
結局話すことには繋がらなかった。
なぜ英語学習市場は、あんなにも文法の必要性を訴えるのか?
一説には、本当のことを話してしまうと売れなくなるからという都市伝説も…

英語、日本語、中国語が話せる韓国人の友達は、
「文法を勉強してはいけない!頭で考えてしまうから」と教えてくれた。

多くの英語学習者たちが、文法のワナにハマっている。
“文法イラネ”を使命として伝えていかなくては。

tag : 英文法

瞬発力を鍛えられる英会話タイムトライアル

テキスト

NHKラジオ英語番組に話すための

英会話タイムトライアル」という番組があります。

最近はすっかりこの番組にお世話になっています。

復習するためにCDを買っています。

 

中学英語で素早く答える瞬発力を鍛えます。

まずは簡単な受け答えから学習していきます。

 

4月分をやっただけでも、かなり力になりました。

1レッスン10分程度と手軽に取り組めますし、

講師たちにも好感がもてます。

 

いざ話そうとすると何も言葉が出てこない!

やはりスピーキングとリスニングは学習方法が違うなと感じます。

tag : NHK基礎英語

相手の意向をたずねる「Shall I~?」

基礎英語3で「Shall I~?」の表現が登場。

・相手の意向をたずねる
Shall I bring the wine list for you?
Shall we play tennis next Sunday?
Shall I carry that box for you?

「~しましょうか?」は日常生活でもよく使うので、マスターしたいですね。
「一億人の英文法」によると、このフレーズには「温かさ」があるそうです。
相手の心情を尊敬する温かさ。

Can I help you?
Shall I help you?

Let's dance.
Shall we dance?

比べるとその差はあきらかです。
今日も最近主流のパターンで学習。

基礎英語で出題される

「一億人の英文法」で理解を深める

瞬間英作文で使えるようにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。